トップページ > 施設・部門 > 部門紹介 > 医療安全推進室

部門紹介 医療安全推進室

沿革

当院の医療安全推進室は、2007年4月に設立させた医療安全管理室から医療安全対策全般に係る業務を充実するため2011年4月に医療事故の防止と院内感染の対策のため患者の安全確保を組織横断的に推進するために新しい体制となりました。副院長が室長として就任し、室員に専従の医療安全管理者、専従の感染管理認定看護師及び専任の医療安全担当師長を配置して院長直轄部門として設置されています。

組織

医療安全推進室では医療安全管理委員会、医事紛争処理委員会、セーフティマネージメント部会、医療安全調査検証会議、院内感染対策委員会、ICT委員会、事務局を担当してその業務を担い、横断的な取り組みを図っています。

業務

  1. 安全な医療を提供するため、全職員を対象に医療安全、感染管理に関する研修会をそれぞれ年2回開催、医薬品安全管理と医療機器安全管理の責任者とも連携して研修の企画をしています。また、セーフティマネージメント部会やICT委員会では、年3~4回ミニ研修会を開き各部署へ伝達を行っています。さらに、新入職者の教育や看護助手研修等で職員の安全文化の醸成を図っています。
  2. 各部署のセーフティマネージャーやICT委員中心となり、各部署の安全に関する監査や感染管理ラウンドをそれぞれ月1回実施しています。患者確認・ダブルチェック実施状況・手洗いや手袋の着用などの感染管理状況の把握や各マニュアルの遵守状況等を調査し指導を行っています。
  3. 毎月の事故報告書の集計や事故事例の調査・検討を行い再発防止に努めています。
  4. 日々の医療に関連した感染発症状況の調査と現場指導を行う他、病院感染サーベイランスを実施し、感染防止対策の評価・検討を行っております。また、アウトブレイク発生時は立ち入り調査を行い、状況にあった効果的な対策を指導し感染制御に努めています。
  5. 感染防止マニュアル・事故防止マニュアルの整備や定期的な改訂を行い職員への周知を行っています。
  6. 委員会(医療安全管理委員会・医事紛争処理委員会・セーフティマネージメント部会・医療安全調査検証会議・院内感染対策委員会・ICT委員会)の資料及び議事録の作成・保存、その他の庶務に関することを担い、企画や運営を行っています。
  7. 医療安全に関することや感染管理に関する相談を患者さまや職員から受けています。問題解決に有用な情報資源を活用し、支援をしています。
  8. 感染に関する情報や医療事故に関する情報を「ICTニュース、感染情報」・「医療安全推進室通信、医療事故防止ニュース、医療過誤情報」等で発行し、院内に最新情報の伝達に努めています。

活動

医療安全推進室では毎週1回医療安全管理者と感染管理認定看護師でラウンドを実施しています。またセーフティマネージメント部会とICT委員会と連携をとり合同でチームを編成してテーマを決めて毎月1回の院内ラウンドも実施しています。

画像

医療安全・報告体制 医療安全推進活動 医療安全、院内感染実績

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.