トップページ > 施設・部門 > 部門紹介 > 看護部 > 看護部紹介 > 看護師紹介 > ナースの声

部門紹介 看護部 看護部紹介 看護師紹介 ナースの声

『一人前のナース』を目指して…

チューター 馬場 まどか

チューターとして新人看護師と接する際は、常に笑顔で、積極的に話しかけ新人看護師が相談しやすい雰囲気づくりを心掛けています。初めは不安気な表情を見ることもありましたが、今では多くのことを学び同期や先輩看護師に支えられ、忙しく業務に追われながらも、笑顔で元気に仕事をしている姿を見ると大変嬉しく思います。これからの看護師としての成長を楽しみにしています。

ナース 松平 有香子

分からないことが多く不安でいっぱいでしたが、同じチームの先輩看護師がいつも声をかけ励まし、技術面でも一つ一つ優しく丁寧に教えてもらったおかげで、1年間乗り越えることが出来ました。中でもチューター看護師は些細な悩みでも親身になって話しを聞いてもらい、いつもそばに寄り添い助言をしてくださり、とても心強く私の支えとなりました。そんな素敵な先輩看護師のそばで育つことができ、私も先輩看護師のような優しく頼れる看護師になりたいという思いが高まりました。まだまだ未熟で不安なことも多くありますが、尊敬する先輩看護師に少しでも近づけるようこれからも日々患者さまに笑顔で頑張っていきたいと思います。

チューター 亀井 里美

当院では平成26年度より新人看護師への関わりとして、プリセプターシップからチューターシップへ変わりました。チューターの役割は、仕事や学習の方法・悩みごとなど広範囲にわたり相談や支援を行うことです。私にとっては初めての役割であり、どのように関わっていくかとても悩みました。自分が1年心がけていたことは、常にアサーションな関わりをすることです。新人看護師が前向きに仕事に向かえるよう、失敗をしても乗り越えられるよう精神的なフォローに努めてきました。自分が穏やかで励ます姿勢を見せることが大切だと思っていました。学習面に関しては、なかなか上手く進めることが難しくもっと一緒に学ぶ時間を作り、学習方法や疑問に対して具体的に向き合えたら良かったと思います。初めての社会へ出て不安を抱える新人看護師へ温かい気持ちで見守っていき、働きやすい環境を整えていきたいと思います。

ナース 鈴木 陽子

新人看護師として病棟に配属となり、全てが初めてのことばかりで分からず不安でいっぱいでした。そんな私をチューター看護師は温かく迎えてくださり、声をたくさんかけてくださいました。看護技術や疾患のこと、業務の流れなど覚えることがたくさんありました。分からないことがたくさんあり最初はどうしていいのか分からず戸惑いましたが、チューター看護師が相談に乗ってくださり、一緒にゆっくり一つずつ頑張っていこうと声をかけてくださったのでとても心強かったです。チューター看護師や病棟の先輩看護師が分からないことを一から教えてくださり自分でできることが一つずつ増えていき、自信を持って患者さまに向き合うことができました。今後も多くの経験をして頑張っていきたいと思います。

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.