トップページ > 病院案内 > 理事長あいさつ

理事長あいさつ

ご挨拶

公益法人 豊田地域医療センター 理事長 中川秀一

 豊田地域医療センターは、昭和55年オープン以来「救急医療」、「健診・検査」、「看護師養成」を3つの柱としてきました。しかしながら、昨今の医療情勢の変化や建物の老朽化などから、市民の皆さまの健康・安心を支えるために病院の諸機能や建物の再整備が求められています。このため、平成21年3月に「新・豊田地域医療センター基本構想」、平成26年10月に「再整備事業基本計画書」が作成されました。この中で医療センターに課せられたミッションは「お年寄りに優しい医療を目指す」であり、高齢者医療、在宅医療支援、健康診断、救急医療、看護師養成の5大機能の充実であります。すなわち、従来からの診療体制の一層の充実とともに「高齢者医療や在宅医療支援などの新側面の発展」が期待されています。

 平成24年度からは、欠員の生じた外科スタッフ補充を行い、外科手術症例の4倍増を達成しました。また、介護施設20数施設のお年寄り急変患者のファーストタッチを担うことを豊田厚生病院から受け継ぎ、このような患者さんのスムーズな入院の受け入れが可能になりました。そして、平成26年度には総合診療科を立ち上げました。

 「再整備事業基本計画書」で求められたミッションの達成のためには、医師を含めた医療スタッフの充実が不可欠です。そのためには、日常遭遇する患者さんをケアする過程を専門医研修に生かすシステムを整備する必要があります。専門医研修制度は、平成27年卒業生から大学などの基幹研修施設が中心となり、研修施設群を形成して行うものに大きく変わります。医療センターの現有スタッフも幾つかの指導医の資格を持っておりますが、専門医制度ごとに研修施設としての条件を整えることと、施設群に参加することが必要です。

 その第一歩として、平成27年度に「家庭医の専門医コース」を立ち上げました。井野晶夫院長と地域医療学寄附講座の浅井幹一教授、在宅医療支援センター長大杉泰弘先生が中心となり、藤田保健衛生大学を基幹病院として進めております。

 なお、在宅医療支援では、平成27年度から在宅療養支援病院として訪問診療を積極的に行っている他、訪問看護、外来・訪問リハビリを拡充するなど、豊田市における在宅医療の充実に向けた取り組みを進めております。

 豊田市ならびに医師会や医療諸機関と一層の連携を深め、職員一同とともに“信頼・連帯”を合言葉に、法人諸機能の更なる充実のために尽力する所存です。

 皆様のなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.