トップページ > 診療科・医師 > 消化器内科

消化器内科

治療の概要

消化器内科では食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や肝臓、胆嚢、膵臓などを主とした消化器疾患を対象に専門的な診断治療を行います。

取扱いの対象疾患

逆流性食道炎、胃がん、胃潰瘍、胃炎、十二指腸潰瘍、ウイルス性肝炎、アルコール性肝障害、肝硬変、胆石、胆のう炎、膵炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、大腸ポリープ、大腸憩室炎、虚血性腸炎、大腸癌、感染性腸炎、下痢症、便秘症

次のような症状が対象です。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 排便困難
  • 下血
  • 大腸癌健診で精密検査が必要と言われた
  • 眼や皮膚が黄色くなった
  • 胸やけ
  • 食べ物がつかえる
  • 血を吐いた

おもな検査内容のご案内

当診療科で実施している検査内容は次のようになります。

  • 上部消化管内視鏡検査 内視鏡により、食道、胃、十二指腸を観察し、生検もおこなう。ヘリコバクターピロリ菌の感染の有無について調べるために生検をおこなう。
  • 大腸内視鏡検査 内視鏡により大腸を(直腸・結腸)を観察する。2㎝以下のポリープなら日帰りで内視鏡治療(内視鏡下ポリープ切除術)が可能。1㎝前後の大腸腺腫・粘膜内癌であれば、内視鏡治療(内視鏡下粘膜切除術)もおこなう。また、クリスタルバイオレットを用いた拡大観察によるピットパターン診断も行っている。
  • 腹部超音波検査 超音波で肝臓、胆嚢、膵臓などを調べる。
  • 腹部CT検査 腹部の断面を多方向からX線撮像し、腹部の画像診断をする。
  • 上部消化管レントゲン検査 バリウムを用いて、食道、胃を中心にレントゲンで病変の有無を調べる。
  • 大腸注腸検査 バリウムを用いて、レントゲンで大腸の病変を調べる。
  • 小腸造影検査 クローン病など小腸の病変に対してバリウムを用い、レントゲン的に診断する。

内視鏡室はこちら 医師紹介はこちら 外来担当医表はこちら

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.