トップページ > 診療科・医師 > 神経内科

神経内科

治療の概要

神経内科は大脳、脳幹、小脳、末梢神経(運動神経、感覚神経、自律神経)、神経筋接合部、筋肉に生じた神経疾患の診療をします。

取扱いの対象疾患

  • 神経変性疾患:パーキンソン病、アルツハイマー病、ハンチントン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など
  • 脳梗塞、脳出血など
  • 神経内科全般

次のような症状が対象です。

  • 手足の動きが悪い、力が入らない、手足が痩せてきた
  • しゃべりにくい
  • ふらつく、足が突っ張り歩きにくい、よく転倒する
  • 手足がしびれる、感覚が鈍い
  • 物が二重に見える、瞼が重い
  • 物忘れが強い、計算ができない、字が読めない・書けない
  • 飲み込むときにむせる
  • けいれんをおこすことがある
  • 頭痛

おもな検査内容のご案内

当診療科で実施している検査内容は次のようになります。

  • 頚椎・腰椎レントゲン検査 頭痛や手足のしびれなどの原因精査のためにX線撮像し、頚椎や腰椎の画像診断をする。
  • 頭部CT検査 頭蓋内病変の検出に有用な検査です。特に、急性期の出血性病変の検出に有用です。病変を描出するために、造影剤を注射することもあります。(頭痛などの原因精査のために必要な検査です)
  • 頭部MRI検査 磁気共鳴という物理現象を応用して体内の水素原子核からの信号をとらえ、頭部の断面を撮像し画像診断をする。

当院では、現在のところ脳外科、整形外科医師の協力のもと診療をおこなっています。特に入院の方は、脳出血、脳梗塞の患者さまの治療をおこなっています。

医師紹介はこちら 外来担当医表はこちら

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.