トップページ > 豊田地域看護専門学校 > 環境

豊田地域看護専門学校 環境

豊田の地に根ざし、健康生活を支える看護師育成

演習重視・少人数制の学習

演習を多く設けたカリキュラムにより、体験を通して看護の本質や理論を学べるよう配慮しています。また、少人数で学べる環境をつくり、学習内容の更なる充実を目指します。

インターネット環境の充実

日々変化する社会情勢を意識しながら楽しく学習出来るよう、インターネットをいつでも活用できる情報収集の場を学内に設けています。

社会性・人間性を育む交流の場

環境の写真1

学年や年齢を固定せずに自由な交流を促す講義室や学生自治会活動などを通じ、学生の社会性や自分自身を見つめる場を作る生活環境づくりに配慮しています。

左:自治会活動の一つとして清掃活動を行っている様子

コミュニケーションの場

環境の写真2

  • 学生ラウンジ120席
  • 自治会室
  • 学生印刷室

左:明るく開放感あふれる「学生ラウンジ」

学生の興味・関心を高める授業

専門性の高い教師陣による授業

  • 本校では、各専門領域を担当する専任教員により、講義から臨地実習まで一貫した授業を行っています。また、全教員が専門性の高い教育を目指し、専用の研究室にて臨床能力の向上に努めています。
  • 基礎分野、専門基礎分野領域においては、優秀な学外講師を招いて充実した授業を行っています。

在宅看護教育の充実

環境の写真3

一般家庭を想定した2LDKの在宅看護論実習室での校内実習後、在宅医療の充実した豊田地域訪問看護ステーションで臨地実習を行って在宅看護への理解をより深めます。

左:在宅看護論実習室での実習風景

最新型の教材教具をフルに活用

学生が体験しながら学べるシミュレーション学習教材やIT教材教具を充実させ、視聴覚での学習効果を高めます。

環境の写真4

シミュレーターによる実践的学習

最新の生体シミュレーター「イチロー君」ほか、各種シミュレーター教具の充実

左:生体シミュレーター「イチロー君」を活用し、実習での体験が困難な危機状態を再現して呼吸循環器系の学習を深める

環境の写真5

PC教材教具活用教室の設置

講義室3室、視聴覚・情報処理室、基礎・成人・老年看護学実習室には、インターネット、パワーポイント、VTR、DVD、CD、資料提示装置、ビデオ撮影装置、デジタルカメラ、液晶プロジェクター、プラズマディスプレイを用意

左:基礎・成人・老年看護学実習室での実習風景

豊田市の協力のもと、多彩な実習施設で臨地実習

実習施設

豊田地域医療センター


藤田保健衛生大学病院

本校では、豊田市が「健康で心ふれあう福祉のまち」を目標に掲げて設立した保健・医療・福祉施設の各活動を間近に目にし、学ぶことが出来ます。また、各医療機関を臨地実習に活用した実践的学習も行っています。

実習施設
  • 豊田地域医療センター
  • 藤田保健衛生大学病院
  • 豊田厚生病院
  • 鈴木病院
  • 豊田西病院
  • 川井小児科クリニック
  • 豊田市こども園
  • 社会福祉施設
  • 訪問看護ステーション

豊田地域医療センターでの実習風景

実習風景の写真1 実習風景の写真2

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.