トップページ > 目的でさがす > 在宅支援 > 在宅医療支援センター 在宅支援課 > 在宅医療・介護連携推進事業

在宅医療・介護連携推進事業

訪問診療に関するお問い合わせはこちら

在宅支援入院制度について

目的

  • 在宅医療を提供している診療所医師の負担軽減を図るため、入院診療でのバックアップを行いシームレスな地域医療の推進を目指す
  • 可能な限り住み慣れた自宅で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、在宅療養の継続を支援する
  • 必要時に安心して入院サービスを受けられる環境を提供するために、在宅療養患者の登録を行う
  • 災害時における要援護者支援や、安否確認の一助とする

役割

  • 患者の意思を尊重する
  • 在宅療養患者と家族が安心して療養を継続できるように、在宅医療を支援する
  • かかりつけ医、介護支援専門員、訪問看護師等と連携を取りながらシームレスな医療の確保に努める

利用対象者

※在宅支援入院制度を利用できるのは、以下の3項目に全て該当する患者さんです

① 現在、在宅主治医の訪問診療を受けている
② 医療・看護・介護等の在宅サービスを受けている
③ 退院後も在宅療養を継続することを希望している

在宅支援入院制度一覧

  • 医師紹介
  • 在宅医療支援センター 在宅支援課へ戻る

豊田地域医療センター 〒471-0062 愛知県豊田市西山町3丁目30番地1 TEL:0565-34-3000

Copyright © 2011 Toyota Regional Medical Center. All rights reserved.